INTERVIEW
新しい環境に
一歩踏み出すことで、
視野が広がる
47株式会社
営業推進担当
池山 知里
2018年中途入社
椙山女学園大学 教育学部卒
前職:航空会社

Q1現在の業務を教えてください。

47株式会社のオフィス仲介事業部で、営業推進担当を担っています。
外出が多い営業担当に代わって、内勤で業務の一部をサポートをするお仕事です。
具体的には、お客様からお問い合わせいただいた物件の空室確認、提案資料の作成、ご内見のスケジュールの管理などがメインの業務です。
他にも、「officee」のチャット機能を使ってご相談いただくお客様への一次対応や、お問い合わせの内容をもとに担当の営業メンバーを決めて振り分ける、といった業務も行っています。
私は現在、5名の営業担当と一緒にチームを組み、日々の業務にあたっています。
営業推進担当は直接お客様とお会いする機会は少ないですが、物件のご契約に至るまでの一連を陰で支える、やりがいのある業務です。
お客様にとって、
本当に価値あるサービスを

Q247グループに入社したきっかけは?

前職では、航空会社のグランドスタッフとして国際線旅客サービスを担当していました。
幼いころからの夢だった仕事で、仲間と一丸となってお客様にご満足いただけるサービスを提供することに、心からやりがいと充実感を感じる毎日。
一方、24時間のシフト勤務に常に漠然とした不安を抱えていたのが本音で、5年後、10年後といった先のビジョン思い描くことができずにいました。
見えない先の未来に悩むなら、視野を広げて新しいことにチャレンジしたい、と感じていた時に出会ったのが47株式会社です。
「お客様にとって本当に価値あるサービスを提供したい」という顧客第一な姿勢にとても共感し、オフィス環境のトータルプロジェクトといったビジネスモデルや、積極的に新しい事業にチャレンジしている点、さらに「もっと暮らしやすくなるための日本づくり」という大きな課題に挑んでいる点に惹かれ、入社を決めました。

Q3前職から働き方が大きく変わりましたが、実際に働いてみてどうですか?

以前は早朝・深夜・土日祝日問わず働いていたので、日中決まった時間に働けるだけでありがたく感じますね(笑)。
営業担当と一緒にチーム一丸となって、助け合い協力しながら業務に取り組むなかで、この規模の会社ならではの良さを感じますし、良い人間関係を築けている環境にも感謝しています。
また、前職では一日に何百人ものお客様の対応をする中で、一期一会を大切にしながらニーズを瞬時に判断していましたが、オフィスの移転というのは数ヵ月にわたってお客様と向き合い、サービスを提供していくものです。
その分、自分が携わったプロジェクトで物件の契約まで完了した時には、大きな達成感や喜びを感じます。
最高のバトンタッチで
チームメンバーを支えたい

Q4日頃から業務で心がけていることは?

素直で、謙虚な姿勢でいること。そして、常に感謝の心を持つことです。
不動産業界が未経験で、知識も何もなかった自分を温かく受け入れてもらったこと。営業担当の先にお客様がいて、そしていつも支えてくれる周りの社員がいて、そのおかげで自分が楽しく働けること。そんな環境に深く感謝しています。
そして、営業担当に最高のバトンタッチで繋ぐために、その前提としてお互いの仕事をよく理解してコミュニケーションをとることが大切だと考えています。
お客様はもちろん、営業担当にも喜んでもらえるように、臨機応変に対応することでチーム全体の業務効率向上を追求していきたいです。

Q5直近の目標を教えてください。

営業担当一人ひとりが最大の力を発揮できるよう、丁寧でスピード感のある対応をすること。
そして、安心して業務を依頼をしてもらうために、常に相手の立場に立って物事を考え、先回りのサポートをすることです。
一人でも多くのお客様に、「47を選んで良かった」「また47を利用したい」と思っていただけるような、質の高いサービスをチームで追求していきたいです。