INTERVIEW
離れた場所で働いていても、全社一丸となって
走り続ける
47インキュベーション株式会社
CS担当
西脇 春花
2018年中途入社
立教大学 法学部卒
前職:食品メーカー

Q1現在の業務を教えてください。

47インキュベーション株式会社 札幌オフィスにて、CS部門に所属しています。
オフィス家具ECサイト「Kagg.jp」からご注文いただいたお客様と、家具メーカーとの間に立ち、商品納品までの調整をしています。
また、商品提案・見積発行などを通し、ご注文の成約に繋げる業務を行っています。
日々変化する環境で、
会社の基礎を
つくり上げていく

Q247グループに入社したきっかけは?

結婚を機に札幌へ移住し、転職活動をしていたところ、47インキュベーションと出会いました。
前職では食品メーカーで営業職をしていたのですが、自社製品に限定せず幅広い商品の提案をしていきたいという考えから、様々な家具メーカーの商品を取り扱っている「Kagg.jp」の取り組みに魅力を感じました。

Q3前職と比べて何か特徴を感じる部分はありますか?

日々変化していることが、47インキュベーションの大きな特徴です。
前職は100年以上続いている企業だったので、土台・基礎が固まっていて、決められた業務を忠実に行うような環境でした。
一方、47インキュベーションは2015年にサービスを開始した会社。まさに今、土台をつくり上げる過程にあるので、日々変化し続けているんです。
業務やサービス内容で「こうした方が良い」と思った意見はどんどん取り入れてくれるので、全員が常に改善意識を持って働いていると思います。
チームで取り組むことで、
得られる達成感

Q4業務のやりがいを教えてください。

チームで注文成約まで取り組むことです。
オフィス家具は高価な買い物で、購入する機会も頻繁でないことから、事前にお問合せをされてから購入をするお客様も多くいらっしゃいます。
「こんな商品が欲しい」「これは何の機能なのか?」といったお問合せに対し、スピーディーかつ正確に答えられるよう、CSメンバーだけでなく全社で協力しながら対応しているんです。
時にはコンテンツ・データベースメンバーに適切な商品を探してもらったり、機能面について教えてもらうこともあります。
お客様のご要望に沿った商品を提案し、結果的にご満足のいくお買い物をしていただけた時に、一番のやりがいを感じます。

Q5今目標としていることは?

「Kagg.jp」の認知度を上げることです。
オフィス家具は大型製品が多いため、納品までの過程で難しさを感じる場面が多々あります。
それでも、東京・札幌メンバーが協力し合って商品をお客様のお手元に届け、ご満足いただけるようなサービスを追求していきたいと思っています。
日本全国からご注文いただくお客様のご期待に添えるよう、そして「Kagg.jp」の取り組みや姿勢をより多くの方々に知っていただけるよう、日々の業務を頑張っていきたいです。